Molto lieto di conoscerti. 犬、ねこ大好き。気ままに更新中。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごめんねナミちゃん
2011/01/14/ (金) | edit |
ナミちゃん


言葉もありません・・・
ナミちゃんは和歌山県太地町から繁殖研究のため名古屋港水族館が昨年6月、5億円で譲り受けた。8月から一般公開も始まったが、12月から衰弱していた。
展示の中止が発表されたのは死の前日の昨日。
ナミちゃん

平成22年6月19日 ナミが名古屋港水族館にやってきました 名古屋港水族館
平成22年8月9日 シャチ「ナミ」を公開しました 名古屋港水族館
平成22年11月12日 新たなシャチの入手について 名古屋港水族館
平成23年1月13日 シャチ「ナミ」・展示中止についてのお知らせ 名古屋港水族館


水族館のショーのために、シャチやイルカを捕獲するのはいいかげんもうやめて欲しい。
水族館では寿命がものすごく短くなるのはもうわかっているのだから。


7か月前に5億円で購入…名古屋のシャチ死ぬ 2011年1月14日21時43分 読売新聞
 名古屋港水族館(名古屋市港区)で飼育されていたシャチの「ナミ」(雌、推定28歳)が14日、死んだ。

 大腸炎の疑いがあり、ここ数日間は餌を全く食べられない状態が続いていたという。同館では2008年にも雌のシャチが病死している。

 同日夜に記者会見した祖一(そいち)誠館長によると、ナミは昨年12月21日頃から動きが鈍くなり、便にウミが混じるようになった。投薬治療などを続けたが、食欲も徐々に低下。今月11日以降はほとんど口にできなくなった。

 ナミは昨年6月、名古屋港管理組合が和歌山県太地町立くじらの博物館から約5億円で譲り受けた。当時の体長は約6メートル、体重約2・9トン。同8月に一般公開されると人気者となり、パフォーマンスショーへのデビューを目指して特訓も続けていた。


雌のシャチ「ナミ」が死ぬ 名古屋港水族館 2011年1月14日 21時37分 中日新聞
 名古屋港水族館(名古屋市港区)の雌のシャチ「ナミ」(推定28歳)が14日、死んだ。昨年の12月下旬から体調を崩し、食欲がなかった。大腸炎とみられ、解剖して詳しい死因を特定する。

 ナミは、和歌山県太地町沖で捕獲され、1986年から同町立くじらの博物館が飼育していた。昨年6月に名古屋港水族館が5億円で購入。その際の体長は5・9メートル、体重2・7トン。最近は体重が300キロ近く減っていたという。

 水族館によると、昨年12月21日ごろから食欲がなくなり、薬を注射するなどして治療。今月初旬に回復のきざしが見られたが、再びエサを食べなくなった。意識がもうろうとして水面に浮かぶ状態や異常な呼吸が続き、14日午後7時24分に死んだ。

 同水族館でのシャチの飼育は、2008年に死んだ雌の「クー」に続き2頭目。ナミが飼育されたのは、わずか7カ月だった。


名古屋に来たばかりなのに…シャチの「ナミ」死ぬ 2011年1月14日22時48分 朝日新聞
 名古屋港水族館(名古屋市港区)で飼育されていたシャチの「ナミ」(雌、推定28歳)が14日に死んだ。同館によると、大腸炎とみられる症状が出ていた。昨年6月に和歌山県太地町立くじらの博物館からやって来たばかりで、記者会見した名古屋港水族館の祖一(そいち)誠館長は「名古屋に来てからこんなに早く死ぬとは思っていなく驚いている。できるだけ早く原因を究明したい」と話した。

 同館によると、ナミは昨年末から食欲がなく、貧血が重くなっていた。薬剤の注射や水分補給で一時持ち直したが、今月11日から再び餌を食べなくなった。14日昼過ぎに呼吸困難になり、午後7時半ごろに死んだ。今後、大学や研究機関に組織検査を依頼し、詳しい死因を特定する。

 祖一館長は「シャチは環境の変化に敏感なので気を使っていた。環境になじめたと考え、昨年10月にメーンプールで公開トレーニングを始めた。こうした事態になるのは予想外だ」と話した。

 同館は、繁殖を目指して鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)から今春、雄雌のシャチを借り受けることが決まっている。祖一館長は「今回の件が影響しないことを期待したい」と話した。

 名古屋港水族館では、2003年から雌のシャチ「クー」を5年間で2億5千万円の契約で太地町から借りていたが、'08年に推定18歳で病死。このため、同館の設置者である名古屋港管理組合が「繁殖の学術研究」を理由に譲渡を打診し、ナミを5億円で譲り受けた。費用は同館の黒字分を積み立てた振興基金から支払った。(田嶋慶彦)



お魚ではなく哺乳類のシャチ、クジラ、イルカ。
群れの仲間をいたわり、助け合います。
群れごと入江に追い込まれ捕獲、いらないのはたたき殺されます。そして世界中の水族館に売られていきます。

'10年7/4イルカショー
怪我をするイルカ、笑う観客、心配して駆け寄るイルカたち、慣れた手つきで処置する職員、イルカショー中止のアナウンスにブーイング。




***2/10追記
ハンソン島日記 ナミちゃんのこと。

track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。