Molto lieto di conoscerti. 犬、ねこ大好き。気ままに更新中。
あそぼ
2011/02/09/ (水) | edit |
あそぼ
一応三毛のgは、売られたけんかは必ず買うので、ぷち騒動が起こります。
手前のhも、遊んでるつもりでしつこく追いかけるのでぷち騒動が起こります。

毛皮 毛皮はいらない

にほんブログ村 猫ブログへ ポチっと応援♪ありがとうv
あそぼ
そんなふたりで遊んでいると平和です。
取っ組み合いから、gの謎のポーズに移行しました。

あそぼ
どんどん謎度が増していき・・・

あそぼ
完全にhの腰が引けてます。
この後、逃げられてました。

ちぃちゃん キクちゃん

TNR Trap-捕獲して、Neuter-不妊手術をして、Return-元いた場所にリリース
TNR

ふわふわ。り




なぜ子犬の販売に「8週齢規制」が必要か? (1):dog actually 京子アルシャー

なぜ子犬の販売に「8週齢規制」が必要か? (1)-2:dog actually 京子アルシャー

なぜ子犬の販売に「8週齢規制」が必要か? (2):dog actually 京子アルシャー
日本のペットショップで行われているショーケース内での陳列販売や個人ブリーダーの元で小さなケージの中で育てられているように、子犬の行動範囲が極度に制限されると知的好奇心が満たされないだけでなく、生物/無生物を含む周辺環境への認知が不足し、「遮断症候群(Deprivationssyndrom)」に陥る。

なぜ子犬の販売に「8週齢規制」が必要か? (2)-2:dog actually 京子アルシャー

なぜ子犬の販売に「8週齢規制」が必要か? (2)-3:dog actually 京子アルシャー
業者は犬を工業製品のようにしか扱えていない。現状の子犬販売では「生き物である商品」における犬の精神面(生き物であるがゆえの犬の性質)が考慮されず、業界はただ見かけが犬であるだけの欠陥商品を売っていることになるのだ。そのうえ売った「商品」が購入者の生活に大きな影響を与えることを考えるとトレーサビリティも、そのための個体識別もフィードバックシステムもないのは消費者保護としてはずさんではないだろうか。さらにはそんな売りっぱなしで片手落ちな商品の尻拭いを「殺処分」という形で、しかも税金を使って行っているのならばこんな馬鹿な話はない。


track back
track back url
track back list