Molto lieto di conoscerti. 犬、ねこ大好き。気ままに更新中。
たいせつないのち
2006/04/16/ (日) | edit |
s0603
猫は野生動物ではありません。
捨てられた猫は、自力で生きていくことは出来ません。
運よくご飯をもらえて餓死せずにすんでいる子も、わずかにもらうご飯を頼りに、三、四年の短い命です。
猫は生後四ヶ月くらいで妊娠可能になります。年に三回産むことができます。ギリギリの状態で生きている子はとても沢山子供を産みます。
短い命ですが、とても沢山子供を産みますし、去勢・避妊をしていない猫はマーキング、放浪、ケンカをします。
これらの騒ぎを嫌い、猫を虐待する人もいます。
そのような地域には捨て猫も多いので、猫の数は増えていきます。
動物の遺棄は犯罪です。
去勢・避妊するのを面倒がり産まれるたびに処分したり捨てたりする人がいます。そのような手術をするのは可哀想だと言い次々と殺しています。
外にいる飼い主のいない猫たちも、去勢・避妊してやらなければ次々産み数が増えていきます。
去勢・避妊するため、保護するために、頑張っている人もいれば、いらない、役に立たない命は処分しろと、どくをまいたりわなをしかけたりする人もいます。
子供たちに命の大切さを教えていても、それはただの建前で、不要な役に立たない命として次々と殺しています。ちいさな子供たちは心で感じています、命は大切なものではない、役に立たなければ処分してよいと。
大人たちが命の大切さをわからなくても、子供たちには豊かな社会を託したいです。
にほんブログ村 猫ブログへ fc2ranking
ポチっと、ありがとうv
Comment
Comment list
小さな命でも
本当に、杏さんの言われるとおりです。
避妊や去勢は、とても大切です。ノラちゃんをそうすることは、すごく大変ですですが、もしごはんやりをするなら、とりあえず最初は一匹でもいいから、去勢、避妊してほしいです。
ノラちゃんの暮らしは、ものすごく過酷です。自由でいる、といっても、飼い猫が自分の家の庭で自由でいるのとは、わけが違いますから。病気、寒さ、猫同士の争い、人からの虐待、交通事故・・・様々な危険にさらされながら、せいぜい4~5年を生きているのです。
でも、うちも、もうこれ以上、猫を拾えないし・・・。
せめてカンパを、と思っても、猫貧乏のどん底でできないし・・・。
せめて、今の子たちを生涯大切にするしかない、ということでお茶をにごすのは、我ながら情けないです。

執拗にくり返される、ホームレスへの少年たちの攻撃。少年に投げつけられた火炎瓶で焼死したホームレスの男性さえいたではないですか。
そういう
2006/04/16(Sun) 21:43 | URL  | きみこ #b6cwxHCY[ edit]
去勢、避妊がかわいそうで次々と命を絶って行く事はかわいそうではないのでしょうか?そんな考え方の人は狂っているとしか思えません。私には理解できません。
先日の不用犬問題、子どもにも話して聞かせました。そしてその問題に異を唱えた友人(もう友人ではないけど)のことも。上の子はその人の事を一言「最低!」と言い捨てました。
13歳の子どもが分かることがいい年をした大人がわからないのです。
とかくこんな話を持ち出すと「命の優先順位を間違えてる」とか変人扱いされますが、私はもう恐れません。
次代を担う子ども達には動物との幸せな共生がどういうことかわかって欲しい、そのことを伝えていく為に私はがんばろうと思います。
2006/04/16(Sun) 21:53 | URL  | shino #-[ edit]
動物問題は、誰か特定の人達の問題では
ないと常に思っています。
何が可哀想なのか、それが問題。
猫についても、地域皆がより良い共生に向かって
協力し合うべきですよね。
嫌だから駆除、自分は関係ないという姿勢では
動物に優しい町にはならないでしょう。。
動物に優しくないということは、人も暮らしにくい
ということですよね。
ごはんをあげる人達は、去勢避妊手術をし、
責任を持つことは当然ですし、本来は、その人達だけの問題ではないです。

犬は好きでも野良犬が許せない、猫は好きでも野良猫が許せない、同じ動物なのに、
このような意見をたまに聞くと、驚きます。
結局、自分の周りだけが幸せならよいのか
なんだか悲しいですね。
猫が生きるのに人間の許可がいる社会なんて
本当はおかしいのです。
じゃあ、共存したくない私はどうしたらいいの?
と言われてしまうかもしれませんね。
それを一緒に考えるのが、知恵を持つ人間の役目ですよね。

お題からずれたコメントですみません。
2006/04/16(Sun) 23:11 | URL  | らんご #-[ edit]
きみこさん、こんにちは。
外猫さんたちは本当に過酷な生活をしていますね・・・。餓死、凍死、虐待、事故、病気。せめて自分のうちの猫の去勢・避妊は徹底して欲しいです。
きみこさんは、とてもたくさんの猫を救ってらっしゃるではないですか。出来ることをやっていきましょうね!
命の尊さを子供たちに伝えないと。。。

shinoさん、こんにちは。
オペが可哀想で、捨てたり処分するのは平気。ただ面倒なだけだと、言い訳だと思います。
命の尊さを把握できていないから、人間の都合に合わせて処分するのが当然、という意見が出るのだと思います。
いろんな異種の生き物たちと、お互いを尊重しながら一緒に暮らしていれば、心で理解できることだと思います。
頭でなく心で理解出来ていれば、妙な屁理屈を投げられても惑わされることもありませんね。

らんごさん、こんにちは。
そうですね、ご飯だけあげる人がトラブルを大きくしている面もありますが、捨てる人がいるから捨て猫がいる訳です。
そして、嫌いだから存在することを許さない、と保護の邪魔をする人。
「異質なもの・合理的でないものは受け入れられない、金にならないものはいらないもの。」こんな日本人が沢山います。。。
生存するのに人間の許可なんていりません。地球は人間のためだけにあるわけではありませんから。
2006/04/17(Mon) 17:02 | URL  | 杏 #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list