Molto lieto di conoscerti. 犬、ねこ大好き。気ままに更新中。
預かり募集*福島
2011/04/05/ (火) | edit |
友人がワンコの預かりさん募集しています。
福島第一原発の置き去り犬です。
福島の南西側で出来るだけ近くで預かれる方を募集します。
(もちろん、避難区域より外で)
4/2現在、保護したワンコのスクリーニング結果は除染の必要のないレベル、3Kcpmくらい。
(除染が必要なのは100Kcpm)
もちろんずっとそこにいたワンコなので内部被曝はしています。ただちに健康に問題がないとさんざんTVで言ってましたが、ワンコは寿命が短いので、大人のワンコなら影響はあまりないと思います。
福島第一原子力発電所の事故による原子力災害に伴う放射性物質による汚染が動物の身体に及ぼす影響と汚染への対応法について(緊急的暫定措置)獣医師会

預かっていただける方がいらしたら、☆こちらのメールフォームよりお問い合わせください。
よろしくお願いいたします(*- -)(*_ _)ペコリ

放射線による内部被ばくについて:津田敏秀・岡山大教授(ヒトのです)

今回の預かりの条件について
預かり先は、福島第二原発より南側の福島から栃木で、出来るだけ近くの方。
健康状態について、どの子も非常によくないです。ケガもしています。医療費がかかります。
性格などは、わかりません。どの子も地震、置き去りにあい、とても不安定な状態です。
3ヶ月過ぎても飼い主の申し出がない場合、里親募集もしていただくようになります。
以上の条件でもかまわない方をお願いいたします。



こちらの写真の子たち、飼い主さんを探しています。預かりさんも。
***
犬も猫も、とてもたくさん保護されてきています。ツイートした写真の子以外にもたくさんいますのでよろしくお願いいたします。

***4/22から20㌔圏内が警戒区域に設定され、たくさん動物を置き去りにしたまま封鎖されました***

4/23追記☆管総理へ福島の避難区域(Nuclear Evacuation Zone)の動物レスキューの許可をお願いするweb署名(英語)

東京電力原発事故で避難されている地域には、とてもたくさんの動物たちが残されています。
たくさんの人がご飯をあげていますが、数がとても多く、範囲も広いためいきわたらず餓死している子もいますが、まだとてもたくさんの犬猫が残っています。
残したまま避難して、迎えにいきたいけど入れないのではと思われている方、ぜひ迎えに行ってください。
↓ツイートしたものをこちらにも転記しておきます。

福島1●緊急避難でペットを置いてきている方、昨日保護できたラブのスクリーニングは高いところで3KCPM。人間も朝から入っていてそれくらいでした(除染が必要と言われるのは100K以上) http://p.twipple.jp/Lfqtz #fukusima #311pet

福島2●吸い込まないようにしっかりとしたマスクをして長靴、ゴム手、カッパ(防護服)で行けば立ち入り禁止になっていますが、助けにいけます(自己責任で) http://p.twipple.jp/LpyrN #311pet #save_fukusima ただし必ず複数で!ヘルメットも

福島3●道は地震で陥没や地割れがあり、全体がなくなって通行止めの箇所もあります。楢葉、富岡あたりはまともな道路は少ないです。スペアタイヤをしっかり準備して行ってください。余震で上から物が崩れることもあります。ケータイは繋がりません。男性が同行したほうがよいです #fukusima

福島4●ご飯やりにいろいろな方が入っていますが、範囲が広いし数も多いので、いきわたっていない部分があります。昨夜山路さんがUPされていましたが餓死している子もいました。できるだけ早く迎えに行ってあげてください。怪我している子もいます。一時保健所に保護してもらうこともできます

福島5●除染について、昨日保護できたラブは、よくブラシをかけ、ウェットタオルでよくふいてからクレートに入れ車に乗せました。シャンプーができるところへ戻るまでは、この方法でいけると思います http://p.twipple.jp/36GFF #311pet #fukusima

Googleアニマルファインダー

警戒区域設定で環境省、ペット連れ出しを検討 産経 2011.4.21 23:48  
福島第1原発から20キロ圏内の警戒区域設定を受けて環境省は21日、取り残されている犬や猫などペットの連れ出しなどについて対応を検討していることを明らかにした。

 近藤昭一環境副大臣は同日の記者会見で「連れ出しは(住民の一時帰宅と)同時になるか少し後になるのか、順調に進むよう調整したい。命に関わることなので早めにやりたい」と話した。福島県によると、20キロ圏内にかかる9市町村で、狂犬病予防法に基づき登録されている飼い犬は約5千頭いるが、実際にどれくらい取り残されているかは不明という。

 環境省は、ペットを連れ出せた際の具体的な対応策を日本獣医師会や動物愛護団体などでつくる「緊急災害時動物救援本部」と協議。除染のほか、避難先で飼育できない住民のため、保護先の確保などについても検討を進めている。

4/18付け 計画的避難区域等からの家畜の移動等について 農水省

***4/24追記
警戒区域の家畜、所有者同意で殺処分も 福島県 25日から緊急的措置 産経2011.4.24 12:34
 福島県は24日、東京電力福島第1原子力発電所周辺の立ち入り禁止の警戒区域内に残されたり、放牧されたままになっている牛や馬などの家畜について、所有者の同意があれば殺処分を含む「緊急的措置」を行うことを決めた。

 区域内の衛生管理などが目的。25日から県内の家畜保健衛生事務所の獣医師らがチームを組み、放射線量が高い大熊、双葉、浪江町を除く6市町村に順次立ち入る。

 死亡した家畜に消石灰をまき、ブルーシートで覆うほか、ひん死状態や放置された家畜は、所有者の同意が得られれば殺処分する。健康な家畜は畜舎に戻すなどするが、国の方針が出ていないため、域外への搬出は難しいという。

 県によると、警戒区域内には東日本大震災の発生前、牛4000頭、豚3万頭、ニワトリ63万羽、馬100頭がいたという。

 初日の25日は、南相馬市小高区が対象。獣医師など数名が2班に分かれ、防護着着用で作業に着手する。


☆【福島県畜産課に電話で確認しました】明日から殺処分はありません。家畜保健事務所の獣医が区域内に入り餓死した個体の周辺にブルーシートや石灰の対応。衰弱している個体には暫時給餌給水をします。安楽死については所有者との調整後 #311animal


***4/27追記
警戒区域内に取り残されたペット 環境省が現地調査へ 産経2011.4.27 23:51
 東京電力福島第1原子力発電所から半径20キロ以内の地域が「避難指示区域」から、立ち入ると罰則規定のある「警戒区域」に切り替わったことで、区域内に残された動物の保護が改めて問題となっている。環境省はペットの連れ出しを検討しているが、どの程度のペットが取り残されているのか実態を把握できていない。このため福島県は28日から5月2日まで、同省とともに現地調査を行う。(油原聡子)

 建物が崩れ、信号が停止した町を、首輪をつけたままの犬や猫が徘(はい)徊(かい)する。やせ細った体は骨が浮き上がり、車を見かけるとエサを求めるように近寄ってくる-。ペットの救出活動を行っていたNPOなどによると、警戒区域内では、残されたペットたちのこうした姿が目につくという。

 福島県によると、震災前の警戒区域9市町村の犬の登録数は約5,700匹。現在、何匹が残されているのかは不明だ。

 当初は民間団体やNPOがボランティアでエサやりなどを行っていたが、22日から警戒区域に切り替わり、区域内に立ち入ると罰則が加えられることから、各団体も立ち入りに躊(ちゅう)躇(ちょ)。環境省や福島県には「何とかして助けてほしい」との電話やメールが殺到しているという。

 富岡町では、庭のおりに残された2匹の犬のうち、体格の大きな1匹が生き残り、もう1匹は頭部だけが白骨化した状態で死んでいるのが確認された。共食いしたとみられる。飼い主の親族の女性(36)は「早く戻れると思い、エサと水は置いていったのだが…」と声を詰まらせる。。

 環境省では、一時帰宅の際に住民がペットを連れ出す方向で検討を進めている。ただ、避難の際に係留を解かれてしまった犬なども相当数いるとみられ、うまく“再会”できるかは分からない。「一時帰宅の連れ出しを待つだけでは不十分で、積極的に立ち入ることが必要だ」と環境省の担当者。28日に現地調査を行い、獣医など専門家チームによる救出も検討している。

 4月上旬に浪江町などの避難指示区域で救出活動を行った関西のNPO法人の男性(28)は、警戒区域に切り替わって以降、救助活動を行っていない。「動物の命を救いたい気持ちはあるが、地元に迷惑をかけることを考えると行けない。一刻も早く、警戒区域の動物を管理する必要がある」

   野犬繁殖を危惧

 一方、動物の死体などをエサにして生き残った犬が、野生化して繁殖を繰り返し、野犬の増加を招く可能性も指摘されている。

 男性は「NPOで保護した犬は40匹近いが、そのほとんどが不妊手術をしておらず、現地では交尾する犬も見かけた。このままでは野犬が大量繁殖してしまう」と危惧する。

 警戒区域内の動物の救助を政府に求めているNPO法人「地球生物会議ALIVE」(東京都)の野上ふさ子代表は、「高濃度の放射線を浴びた犬がエサを求めて、除染されないまま区域外に移動する可能性もある」と指摘している。
track back
track back url
track back list