Molto lieto di conoscerti. 犬、ねこ大好き。気ままに更新中。
無知の罪
2006/06/18/ (日) | edit |
保健所で安楽死、愛護センターで安楽死、よく聞く言葉ですが、間違いです。日本では安価に大量に処分できるよう二酸化炭素ガスによる窒息死処分が行われています。
kishibojinnさんのうさにゃん日記を見て涙がこぼれました。
たとえ安楽死であっても、人間の勝手な都合で命を奪ってはならない。
しかも、安楽死ではないのです!
保健所には毎日大量の犬や猫が飼い主の手によって持ち込まれ、殺処分されています。この中には安楽死だと誤解して持ち込む人もいるのかもしれません。
新聞に誤解を増長させるような文言を書いてほしくはありません。見つけるたびに新聞社にお願いのメールをしています。朝日新聞で殺処分に表現が変わったときは一歩進めたと思いました。
次は、本当の安楽死に変えること。(せめてガスの種類を変えて!)
そして、次は、処分ではなく譲渡に変えること。
今の90%以上処分から、90%以上譲渡に。
右サイドのリンク欄に、今の窒息死処分を安楽死に!という署名のサイトを二つリンクしてあります、見てくださいm(__)m
署名用紙、プリンタのない方はweb署名をお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ fc2ranking
ポチっと、ありがとうv
土曜日に中日新聞にメールしました
2006年6月13日(火)夕刊12面  ハイ編集局です の記事
「 老犬救出も無念
 用水路に落ちた犬を小学一年の女の子が見つけて「救ってやって!」電話したら消防車が来てくれて、消防士が水に入って救出。
 私たちで獣医師に見せると、老齢で心臓が弱っていて目と耳とも不自由。「よく持って二日」という悲しい診断でした。鑑札がないので皆で相談。「前に飼っていた犬みたいに延命措置で苦しませるよりは・・・」と愛護センターで苦しまずに最後を迎えさせることに。二日後に引き取られる時は涙で見送りました。 」

この新聞記事の方は、犬を助けようとしたのではないでしょうか。
保健所やセンターで安楽死させているという誤解が生んだ悲劇です。このことを知っていればこの方は病院で安楽死をさせていたのではないでしょうか。
新聞ではこのような誤解を生むことのないような記事を書いていただきたく思います。
Comment
Comment list
TB、ありがとうございました!
(私も後ほどします)
署名も二つともしました。
先日もペット番組で処分施設の事を取り上げていてよいことだと思いましたが、欲を言えば「処分」というのは「窒息死させて殺処分」だという事を伝えて欲しかったと思いました。
夕食時で難しかったのかもしれませんが。
一般の方、そして愛犬家、愛猫家さえも「処分」というものがどういうものか知られていないと思います。
私もこれから新聞やTV等で誤解を招くような文言があったら、真実を伝えるよう、声をあげていきたいと思います。

本当は処分施設ではなく譲渡のシェルターにする運動をしなければと思いますが、一歩ずつ段階を踏まなければ、現状はなかなか変えていけないのですね。
これからも少しずつですが、「殺処分ゼロ」へ向けて歩みを進めていこうと思いました。
2006/06/18(Sun) 21:53 | URL  | shino #cVARBx7M[ edit]
「安楽死」じゃない!
杏さん、本当に、そうですね。
そういう新聞記事には、「違うのです!」とたくさんのメールを根気よく送ったら、「安楽死」という誤解がなくなるかもしれません。
とにかく、不幸な命の最期さえ、苦しみであるという現状が、情けないです。
なんとか、変えたいと思います。
2006/06/18(Sun) 22:12 | URL  | きみこ #b6cwxHCY[ edit]
無知
うさにゃん日記も見てきました。
無知ってほんとに恐ろしい。
以前のわたしがそうでしたから、耳が痛いと同時に、なるだけ多くの人に知らせたいという気持ちでいます。
2006/06/19(Mon) 00:53 | URL  | ちえこ #mYbggkm6[ edit]
web署名と新聞社にメール送りました。安楽死説は根強いですね(-"-)。でも記者であり、新聞に記事をのせるのならきちんと調べておかないといけないことだし、マスコミがきちんと報道することで真実や問題に気付く人が多くなると思います。
2006/06/19(Mon) 18:56 | URL  | hiroyone #-[ edit]
shinoさま、こんにちは~
簡単に保健所、センターに連れて行けば、と思っている人がとても多いことには愕然としますが、そこに連れて行けば譲渡してもらえるとか、安楽死させてもらえると誤解している人も多いのは問題だと思います。
処分施設からシェルターに!変えていきましょう!!

きみこさま、こんにちは~
不幸な命の最期まで、苦しみ。。。変えて行きましょう!!

ちえこさま、こんにちは~
まず知ることから始まります。変えて行きましょうね!!

hiroyoneさま、こんにちは~
体調のよくない中、ありがとうございます!(無理させてすみません)
みんながきちんと事実を知れば、変わっていけると希望を捨てずに行きたいです。
2006/06/19(Mon) 19:32 | URL  | 杏 #-[ edit]
はじめまして
実は あたしもクレーム電話したのです。
でも 結果は・・・・
「記者すべてが その分野に詳しいわけではないので・・・」とかなんとか。
新聞記者のセリフではないですね。
クレームも一杯きている、というのに 後日「感動しました」みたいな記事を新たに載せる・・・頭に来て 頭にきて。
でも 声にするって 無駄みたいだけど 自分にとって 大切なことなので がんばります。
同じように抗議していた方を見つけて とても嬉しかったのでコメントさせていただきました。失礼いたしました。
2006/06/30(Fri) 08:35 | URL  | まーちゃん #-[ edit]
まーちゃんさま、はじめまして!
声を届けること、とても大切ですね。
知らないのならきちんと調べるのが記者の仕事だと思うのですが。。。
中日新聞は私が電話した後、美談でまとめた記事を再び掲載しました。この件はまだあきらめていません。他の新聞、獣医師会、環境省、などにも友人とメールを送っています。
まーちゃんさんも、ぜひよろしくお願いします!
2006/06/30(Fri) 21:06 | URL  | 杏 #0eITWfcI[ edit]
事実を認めてほしい
いろいろな人(保健所での殺処分の実態を知る人)が、電話やメールで新聞社に抗議しているのにもかかわらず、あくまで「美談」としていく態度が許せません。
ごまめの歯ぎしりだって、がんばって、私も再度、抗議します!
2006/06/30(Fri) 21:35 | URL  | きみこ #-[ edit]
きみこさま、こんにちは~
この新聞社、マトモに話も聞いてくれず、美談で押し通し、誤解をますます助長させている。。。
獣医師会のHPも、はやく訂正して欲しい!今日、まだあのままでしたね。。。メールは読んでいただけてるのでしょうか?あきらめず、やり続けましょうね。
2006/07/01(Sat) 23:53 | URL  | 杏 #0eITWfcI[ edit]
ビックリです…
行政での処分は安楽死ではないのですね…
知りませんでした…。
安楽死でも、命を簡単に絶つなんて…って思うのに。
愛護センターとかいう呼び名はやめて欲しいと思いました。
あたしもホントに間違った選択をしなくって良かったとシミジミ思っています。
2006/07/06(Thu) 14:57 | URL  | ジジ #-[ edit]
ジジさま、はじめまして。
知らずに後で後悔する、なんてことの無いように真実をきちんと伝えて欲しいですね。
要らなくなれば殺して終わり、なんて事も改善されていきますように。。。
2006/07/06(Thu) 20:50 | URL  | 杏 #0eITWfcI[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
現在日本の犬猫の収容施設では炭酸ガスによる殺処分が行われています。決して安楽死ではなく苦しみながら死んでいく窒息死です。先日読んだ渡辺眞子さんの「捨て犬を救う街」によると諸外国では麻酔による安楽死が行われていると書かれてありました。また同じ渡辺眞子さ....
2006/06/18(Sun) 21:56:46 |  ジャック et 叶恵
「杏日記さん」無知の罪より2006年6月13日(火)夕刊12面  ハイ編集局です の記事(中日新聞)「 老犬救出も無念  用水路に落ちた犬を小学一年の女の子が見つけて「救ってやって!」電話したら消防車が来てくれて、消防士が水に入って救出。  私たちで...
2006/06/20(Tue) 01:58:14 |  よねと海と虹
6月18日の杏さんのブログをご覧下さい。2006年6月13日(火)夕刊12面  ハイ編集局です の記事より「 老犬救出も無念 用水路に落ちた犬を小学一年の女の子が見つけて「救ってやって!」電話したら消防車が来てくれて、消防士が水に入って救出。 私た....
2006/06/20(Tue) 16:02:50 |  ジャック et 叶恵
6月20日付の記事の続報です。「ハイ編集局です」の記事について、皆さんからメールが寄せられましたが、中日新聞の編集局ではその記事について、紙面に掲載できる形式でのメールやファックスは受け付けてないことがこのブログの読者の方からの情報でわかりました。この方...
2006/07/01(Sat) 14:55:44 |  ジャック et 叶恵