Molto lieto di conoscerti. 犬、ねこ大好き。気ままに更新中。
安楽死?
2006/07/05/ (水) | edit |
保健所や愛護センターへ持ち込まれた犬や猫は、炭酸ガス(二酸化炭素)で窒息による処分がなされています。ある地方の大手新聞では「安楽死」だと主張されます・・・。
安楽死とは、1、痛みや不安を伴わずに致死させること。2、意識消失までに要する時間が短いこと。3、確実であること。4、実施者にとって安全であること。5観察者または術者に及ぼす情緒的影響が少ないこと。等が要求されると思います。
保健所などでの健康な犬や猫の殺処分をなくし、譲渡を進めることが望みですが、今の持込の数の多さから一度には無理だと思っています。
せめて、収容された犬や猫の待遇の改善や処分方法をより苦痛を伴わないものに変えて行きたいと思います。
その中でも、保健所で動物を安楽死させていると誤解をして持ち込みをする飼い主を減らすことは、一番簡単だと思います。
動物病院で安楽死させるように、病院や保健所で説明すればよいことだと思います。そして新聞は誤った情報をガンコに流し続けるのではなく、取材を行い真実を報道して欲しいと思います。
先日hiroyoneさんに教えていただきました。
四国新聞シリーズ追跡・死を待つ犬たち
四国新聞シリーズ追跡・死を待つ犬たち-2-
環境省動物再飼養支援・収容動物データ検索サイト

にほんブログ村 猫ブログへ fc2ranking
ポチっと、ありがとうv
社団法人日本新聞協会へもメールしてみました。
・・前半略・・単純に窒息させるだけの方法で健康に問題の無い犬や猫(その大半が家庭からの持込)を年間40万頭ほど処分しています。真実に蓋をして、尊ぶべき大切な命をゴミのように処分し続ける日本。不要な命、役に立たない命、お金にならない命、このような概念が様々な問題を引き起こしているのではないでしょうか?
新聞には真実を報道し、問題を提起する姿勢が欠かせないと思います。真実の確認を行い、間違った記事が出た際は直ちに訂正していただきたいと思います。

Comment
Comment list
はじめまして
本当に安楽死ではありません。もがき苦しみ死んでいくのですよね・・・。胸が苦しくなります。
2006/07/05(Wed) 22:56 | URL  | くっきー #HF13wXwo[ edit]
私もはじめまして。
いつも拝見させていただいてます。
アレルギー体質でありながらも活動を続けてらっしゃる杏さんのその気持ちの強さにいつも勇気付けられています。
保護センターはその名の通り、処分ではなく、保護してくれるもの=助けてくれるところ、と思っている人も少なくないようです。事実は辛いですが、まず知ることからだと思いました。・・じゃないと何も改善できないですものね。私はこの夏休み、小中学生の自由研究に是非、この「動物保護センター」を取り上げてくれないものかと勝手に期待していたりしています・・・。
2006/07/06(Thu) 11:59 | URL  | yukisama(Y・H) #YkTvo6lo[ edit]
杏さん、こんにちは!
事実を公表すれば良いことだけなので、すぐにでも訂正願いたいですね。
新聞社側も、過激な人間が騒いでいて面倒とせずに、真摯な態度で臨んで欲しい。
人間側の自己保身でなく、命が関わっているのだと
重く考えてもらいたいですね。

世間は、可哀想な動物を見て「可哀想」と泣きながら
自分達はお金で命を買う人ばかりですし、
保護動物を迎えることが当たり前になる社会へ成熟していくには、今すぐに、というわけにはいきませね。。
施設をシェルターにするには、現実問題、迎えようと思う人が今より増えない限り、改善されることは無いでしょう。
動物が滞って仕方がないのですから。

しかしこういった誤解を解くことは事実を知らしめるために一番早いですね。
いつも思うのですが、動物の問題は少しでも多くの人に、
事実を知ってもらうことしかないですね。
2006/07/06(Thu) 17:02 | URL  | らんご #-[ edit]
とにかく、まず真実を知ること
杏さん、安楽死の問題をとりあげ、追求し続けてくださって本当にありがとうございます。
まず、とにかく、一人でも多くの人が真実を知ることが一番大切だと思います。
現在の殺処分は、安楽死ではない、ということを常識にしなければ、「改善していこう」という動きも起きませんから。
道のりは遠いけれど・・・がんばらなくちゃいけないですね。
四国新聞のシリーズを知らせてくださったhiroyoneさん、ありがとうございました!

2006/07/06(Thu) 22:57 | URL  | きみこ #-[ edit]
安楽死??
杏さんこんばんは。
いつもいろいろな情報有難うございます
m(__)m
殺処分を何故安楽死といえるのでしょうか・・・・。
事実を理解し、税金などを無駄に使っていないで、(ほんとうは殺処分の犬猫がいなくなるのがいいのですが)せめて本当に眠ったように安楽死ができるようにお金を使って欲しいです。
もちろん避妊去勢、里親募集などが1番ですが。
親愛に満ちた目を裏切らないで欲しいです。。。。

2006/07/06(Thu) 23:33 | URL  | りえ #8JOFLnA2[ edit]
くっきーさま、はじめまして!
何故いつまでもこんなことを続けているのか、悲しいです。。。

yukisamaさま、ようこそ!
私もお邪魔させていただいています。ハナちゃん大変でしたね、夜間病院があってよかった・・・うちも近所にあるので心強いです。サヤちゃんに素敵な里親さんが決まりますように!
保護センター、愛護センター、はやく名前通りにシェルターや啓蒙をする施設になって欲しいです。

らんごさま、こんにちは~
何故「どうでもいい、めんどくさい」という態度なのかわかりかねます。仮にも新聞、真実を報道しようという意欲が何故ないのでしょうか・・・。

譲渡に熱心なセンターでは譲渡率が高い、ということは、きちんと市民に告知すれば保護動物から迎える人もいるということ。
事実を知る、らんごさんの仰るとおり、これにつきますね。

きみこさま、こんにちは~
こちらこそ、いつもいろいろ教えてくださってありがとうございます。
真実を知ること、それがなければ何も始まりません、頑張りましょうね!

りえさま、こんにちは~
安楽死なのかどうかは、新聞記者になる人ならば、どういう方法でしているかでわかると思うのです。意見も寄せられ、なのにダメ押しの記事をまた書く。
命にかかわることを、どうでもいい、という神経。。。
みんなが命を買うことや、簡単に処分することをおかしい、と感じるようになって欲しいですね。
2006/07/06(Thu) 23:38 | URL  | 杏 #0eITWfcI[ edit]
link&TBありがとうございます(^^)
新聞協会にはまだメールしてなかったので、参考になります!
毎日、苦しみ喘ぎながら死んでいく子たちが必ずいる。恐ろしいことです。
2006/07/07(Fri) 02:48 | URL  | hiroyone #-[ edit]
hiroyoneさま、こんにちは~
今日は吉報がもたらされました!これも病をおしていろいろと調べてくださったおかげです!
私たちが犬や猫と楽しく暮らしている陰で、たくさんの子があまって処分されている、しかも苦痛死。。。
何が出来るか、一緒に考えて行きましょう、よろしくお願いします!
2006/07/07(Fri) 22:15 | URL  | 杏 #0eITWfcI[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
6月20日付の記事の続報です。「ハイ編集局です」の記事について、皆さんからメールが寄せられましたが、中日新聞の編集局ではその記事について、紙面に掲載できる形式でのメールやファックスは受け付けてないことがこのブログの読者の方からの情報でわかりました。この方...
2006/07/07(Fri) 08:42:36 |  ジャック et 叶恵