Molto lieto di conoscerti. 犬、ねこ大好き。気ままに更新中。
吉報、一歩前進
2006/07/07/ (金) | edit |
shinoさんからお知らせをいただきました!
保健所での動物の致死処分について、安楽死と誤解させる記事を書き続けた例の新聞がshinoさんの投稿を載せるそうです。今回は「二酸化炭素で窒息死」と事実を書くとともに、保健所の「最善の処置」というコメントも入れるようです。
ガスの種類を変えるなり、ガス室に入れる前に食べ物や飲み水に睡眠薬を入れるなり、少しでも苦痛を減らす方法はあるはずだし、日本でも麻酔を使っているところも少ないですがあります。
これは安楽死です、これが最善の処置です、と疑問を持たずに言い続けないで!
処分に使うガスが二酸化炭素なのは、費用の問題だと思います。年42万頭('04年度)もの数を税金で処分しています。そのほとんどが家庭からの持込です。産んでいたけど要らないから、次の犬を買いたいから、引越しをするから、歳をとったから、などのやむを得ない理由で処分。
自分と同じ、大切な命という概念はここにはありません。
おもちゃ、商品、そんな感覚でしょうか。
○犬と○犬を掛け合わせてこんな感じの犬を、と発注する愛犬家や、うちの子の子犬を見てみたいと産ませる愛犬家、ブリーダーは遺伝をよく勉強してよりよい品質の商品を作って、と書く愛犬家ブロガー・・・
一方で大量の犬や猫が致死処分。しかも数が多すぎて費用がかかるからと苦痛死。。。
犬も猫もモノではなく尊い命です。気づいてください。

にほんブログ村 猫ブログへ fc2ranking
ポチっと、ありがとうv
Comment
Comment list
shinoさん、ありがとうございました。
杏さんも!お疲れ様です。
メディアで、麻酔による安楽死処分の事は
見た記憶があります。
今も、継続してやっているのかどうかは定かではなく、どこの施設だったか失念したのですが。。
今の処分方法は、苦しみぬいて死んでいきますね。
死に切れずにもがき苦しむ若いラブラドールとおぼしき犬が
そのまま焼き殺されていく話を、聞きました。
これが、センターでの日常なのだということを、
皆が知るべきですね。
美談だなんて、とんでもないです。
命が関わっていることなのに。

処分に持ち込んだ人だけでなく、この現状の傍で生きる私達皆に、責任があるということを
改めて考え直してしまいますね。。
ほとんどが、愛犬家(愛猫家)による”やむを得ない事情”で手放されていくのだから。
2006/07/07(Fri) 21:21 | URL  | らんご #-[ edit]
ありがとうございました!
杏さん~、リンクありがとう!
でもトラバがなぜか届いてないです~。お手数ですがもう一度、送ってくれますか?
この件は沢山の方のご協力なくしては成功しなかったと思います。
突然の電話でまいあがってしまい、うまく返事ができず、後で考えたら殺処分数の件の削除など、不満も残りますが、核心の「安楽死」表現から「二酸化炭素ガスによる窒息死」という表現に変えることができたのは一歩前進できたと思いました。
あとは送られてくる投稿文がどのように書かれているのか引き続き注目していきたいと思っています。
本当いつも言っていますが、人間の勝手な都合で操作される命があってはならないと強く思います。
2006/07/07(Fri) 22:11 | URL  | shino #-[ edit]
らんごさま、こんにちは~
麻酔が使えない理由に一匹ずつ注射をするのは危険だから、とよく言われます。危険だから今の方法を絶対に変えない、のはおかしいのではないかと思います。少しでもマシな方法に変える必要があると思うのです。
そして、犬や猫を捨てたり、処分したりするのは、犬や猫を飼っている人だということを忘れてはならないと思います。
直接処分に持ち込まなくても、産ませたり、買ったりすれば、処分のボタンを押しているのも同じことだということも。


shinoさま、こんにちは~
今日は素敵なお知らせ、ありがとうございました♪後で改めてTBします、すみませんでした~
いろんな方に助けていただいて一歩進めましたね!とてもうれしいです!これからも一緒に考えて行きましょう!
「人間の勝手な都合で操作される命があってはならない」本当に!!
2006/07/07(Fri) 23:36 | URL  | 杏 #0eITWfcI[ edit]
よかったです!本当の問題(窒息死処分)が解決したわけではないど、前進ですよね!やっぱり、あきらめないことは大事だなぁ。
TBさせていただいてますので、よろしくお願いいたしますっ(^^)
2006/07/08(Sat) 19:37 | URL  | hiroyone #-[ edit]
hiroyoneさま、こんにちは~
よかったですね(^^)
次は処分方法の改善、そのためには、処分される子を減らさなければ。
産ませたり、購入したりすることを止めなければ減っていきません。。。
あきらめずに言い続けます~
2006/07/08(Sat) 23:36 | URL  | 杏 #0eITWfcI[ edit]
あきらめないこと
shihoさん、杏さんをはじめ、他の県のことなのに、メールや手紙や電話などをかけてくださった方々の熱意に感謝します。
あきらめないこと・・・それがどんなに大切か、を実感できて、すごく幸せです。
この問題は、殺処分の実態を知れば、「許せない」と感情的なレベルで反応する人はたぶん、たくさん存在します。だから、まず、一人でも多くの人に、「殺処分の実態」を知ってほしいです。
ともあれ、shihoさん、杏さん、ありがとうございました!
2006/07/08(Sat) 23:53 | URL  | きみこ #-[ edit]
一歩前進、Shinoさん、杏さん、みなさんの尽力の結果ですね。
犬猫を飼っている人でも、殺処分の実態を知らない人が大半なのではないでしょうか。とにかく現実を知ってもらうこと、大切ですね。
殺処分の大部分が家庭から持ち込みとは…情けないです。
命を粗末にしないという、当たり前のことが、どうしてこう、ないがしろにされるのでしょうね。
2006/07/09(Sun) 04:23 | URL  | ちえこ #mYbggkm6[ edit]
殺処分に関しては私も以前から心を痛めていました。炭酸ガスで死に切れない犬・猫が苦しみながらそのまま焼却処分されると知った時は、あまりの悲しさに言葉を失いました。せめてそういう子達だけでも最後に注射で楽にしてあげられないものかと思います。人間には人間以外の命を軽んじる事が許されるのでしょうか。悲惨な処分方法をもっと公に広めれば、捨てる側の意識も変わるんでしょうか。とにかく悲しいです。
2006/07/09(Sun) 06:53 | URL  | れいな♪ #2NU31nKA[ edit]
TBさせて頂きました
この記事を読み、微力ながら私も殺処分の実態を少しでも多くの方に知って頂くお手伝いができればと思い、記事を書きましたので、TBさせて頂きました。
2006/07/09(Sun) 07:51 | URL  | れいな♪ #2NU31nKA[ edit]
きみこさま、こんにちは~
たくさんの方が新聞社にお電話などしてくださいました。感謝ですm(__)m
とんでもない数の犬ねこが、健康なのに処分されていること。しかも苦痛死。これを知らない方に知っていただくこと。
そして、譲渡が進まないと処分されてしまうこと。。。
あきらめず、わかっていただく為に続けていきましょう。

ちえこさま、こんにちは~
みなさまのおかげです!感謝です!
殺処分の実態、どころか、あれだけの数の健康な飼われていた子が処分されているということもご存じない方が多いと思います。
大量に殺す一方で、産ませたり、買ったり。。。命を粗末にしていますね・・・
譲渡がすすむことを願います。。。

れいな♪さま、こんにちは~
TBありがとうございましたm(__)m
健康な子を処分、安楽死でも許されることではないのに窒息死させている。。。
お店にずらりと展示され、日に日に値段の下がっていく子犬たち、賞味期限のあるおもちゃのようです。
たくさんの子が譲渡もかなわず処分されているのを知りながら、産ませる人たち。命を軽んじすぎています。。。
捨てる側の意識を変えることも重要ですが、処分の後押しをしている人たちの意識も変わらなければならないでしょう。
2006/07/09(Sun) 17:58 | URL  | 杏 #0eITWfcI[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
昼過ぎ、突然、中日新聞から電話があって、私の投稿を紙面に取り上げるという連絡を受けました。少し手直しが入るようですが、「二酸化炭素で窒息死」という文言が入るということは約束して頂きました。あれから、編集局の方が愛知県の保健所に電話して殺処分の方法を確....
2006/07/07(Fri) 21:58:13 |  ジャック et 叶恵
中日新聞の件が好転した。shinoさんの投稿が掲載されることに(喜)!!!編集局が保健所に電話して殺処分の方法を確認したということで、今までの対応を考えるとすごい前進!メールや電話をしてくださった方がたくさんがいたそうで、感謝、感謝です♪ただ、保健所側の...
2006/07/08(Sat) 19:32:35 |  よねと海と虹
ランキング←今、何位?ペットを飼っている人達にも色んな方がいらっしゃいますよね!家族同様に可愛がり、最後まで大切に可愛がる人もいる一方で、自分の一時的な感情やステイタスの証として飼うような人もいるのは真の動物好きにとっては悲しい事です。どんな飼い主の下に
2006/07/09(Sun) 07:48:21 |  ・・Single Again・・