Molto lieto di conoscerti. 犬、ねこ大好き。気ままに更新中。
もうひとつのうれしかったこと
2005/12/29/ (木) | edit |
0412

先日の収容動物データ検索サイトのニュース、実はもうひとつ、びっくりすることがあったのです。今まではこの手の新聞記事が出るたびに、「保健所やセンターで安楽死」とあり、そのたびに新聞社に、もちこまれた動物は決して安楽死などさせてもらえず、二酸化炭素による窒息で苦しんで死に、死にきれなかった子も、そのまま、生きたまま焼却処分されていること。
多くの人が保健所で安楽死処分してもらえると誤解して持ち込むこと、センターで里親を探してもらえると誤解して持ち込むこと、その誤解を肯定するような記事を書かないで欲しい、とお願いをしてきました。
このたびの記事には、「安楽死」ではなく、「殺処分」と書かれています。
asahi.com犬や猫の引き取り手、ネットで仲介 環境省が来春から
もちろん、殺処分を本当に安楽死に、その安楽死もかぎりなくゼロに、して行きたい。
避妊もせずにおいて、産まれたけど、飼えないからと持ち込んだり、
成犬になったら手におえなくなったからと持ち込んだり、
外猫を去勢してなかったら数が増えて困ったからと保健所に捕獲依頼したり(違法です)、
そして、業者が次つぎ繁殖させて、出来の悪い子や売れ残った子を持ち込んだり、そんなことを止められたら・・・。せめて処分の数を減らしていきたい・・・!
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対
にほんブログ村 猫ブログへ
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list