Molto lieto di conoscerti. 犬、ねこ大好き。気ままに更新中。
地域猫は最後の手段
2006/01/03/ (火) | edit |
0511

人間に捨てられた猫を去勢や避妊をして、餌やりなどの面倒を見る。地域猫という猫が存在します。

猫は野生動物ではないし、街中で捕獲できる獲物もいませんから、世話をする人を必要としています。
地域猫の世話をする人たちは、猫が爆発的に増えないように、オスは去勢、メスは避妊をして、餌をやり、糞の始末をし、雨のしのげる場所の確保に奔走し、里親を探します。
やっと里親をみつけて、引き渡そうとしても、「この猫は地域猫なので、つれていくな」と、もめることがあるそうです。

外でしか暮らせない子の寿命はとても短いです。事故や虐待、毒の餌をまかれたり、猫を嫌っている人が捕まえて殺処分することもあります。そして、この寒さで死んでしまう子も。
安心して暮らせる家があるならば、それにこした事はないです。地域猫として町で面倒を見て生きていくのは、家のない猫の最終手段です。出来る限り里親を見つけるべきと思います。
それを、皆でかわいがっているんだから、公園のアイドルなんだから、連れて行くな!とは、人間のエゴだと思います。
こちらのサイト Street Cat`s にはせつない写真がいっぱいですが、見て、考えてください。私にできること、あなたにできること。
にほんブログ村 猫ブログへポチっと、ありがとう♪
Comment
Comment list
本当に、同感です。地域猫は、どうしようもない時の苦渋の選択だと思います。すべての人が、猫を飼える環境にいるわけではありませんし、また、人に対して非常に攻撃的で(それも、その子の生育歴のせいです)、どうしても飼うことが難しい子もいます。だから、せめて、避妊や去勢してごはんをやる、となるだけで、それが最善な選択ではありません。ノラちゃんたちの生活環境は、決して安全ではありません。病に冒され、あるいは事故や虐待にあい、ボロボロになって死んでいく子は多いです。良い里親の許で暮らす、それが一番だと私も思います。また、それを「今まで世話してきたから」と阻止しようというのは、浅はかで愚かな行動だと思います。
Posted by:きみこ  at 2006年01月04日(水) 00:49
きみこさん、ようこそ。以後よろしく!
ねこや犬がおかれている状況などを、ひとりでも多くの人に理解してもらいたいです。他者を思いやれる人間になりたいです。
Posted by:杏  at 2006年01月04日(水) 02:25
こんにちは。
物凄く 同感です。
心に たくさん つかえていたことを
的確に表現してくれて ありがとう!という感じです。

・・・遅ればせながら、
あけましておめでとうございます。
今年も よろしく。
お互い、頑張りましょうっ
Posted by:紅い小熊  at 2006年01月04日(水) 04:45
紅い小熊さん、こちらこそよろしくです。
里親の決まったラッキーな子は、その子にもうあえなくなって辛くても、祝福して送り出してあげて欲しいです。
鳥獣保護のパブコメ、13日〆切です。
素案の9,10ページ目ワナについて。とらばさみを全面禁止にしたいのです。どうかよろしくお願いします。

Posted by:杏  at 2006年01月04日(水) 11:03
「はじめまして」のごあいさつもせず、熱い気持ちのまま書き込んでしまい、失礼しました。実は、私は現在、ごはんをもらいに来ていた子2匹を捕獲して手術待ち状態で、なんとかうちで飼えないかと思って世話しています。でも、1匹がものすごく凶暴になってしまい(恐怖からでしょう)、これは、放して地域猫にするしかないな、と思っています。でも、それは決して望ましいことではないのです。予防接種もできず、ノミダニ予防もできず、外で暮らすことは、過酷なことです。「地域猫」は、最善の策ではないけれど、仕方がない。この認識でいかなければ、猫ちゃんにとっては、不幸だと思います。特に、都市では、人が世話をしなければ、ごはんだって得られないのですから。
これからもよろしくお願いします。

Posted by:きみこ  at 2006年01月04日(水) 11:25
杏さん、あけましておめでとうございます!

うちの近所は行政が去勢不妊をしてまた元に放していますが、
地域が埋立地ということもあって、常に一定の数が保たれているような
印象がありますが、その子達との距離のとり方、最近ちょっと考えています。
周りを見渡していると、誰がお世話をしているというのでもありません。
幸せそうにのんびりとそこに居ます。
鳩達と同じように、ただただそこに居ます。
あの子達は、そういう子達という雰囲気なのですが、、
そのままでいいのでしょうか。
私は猫に、全く詳しくないので、もし彼らが怪我をしていたら、
保護すべきかしらと思ったので。。


Posted by:らんご  at 2006年01月04日(水) 15:38
杏さん、続けてすみません。
皆、結構太っていまして、管理組合の方がお世話をしているとのことでした。
もし怪我をしているなど、気になる子を見かけたら、
管理組合に聞きます。

Posted by:らんご  at 2006年01月04日(水) 15:45
らんごさん、今年もよろしくです。
地域猫さんたち、気にしててあげて下さい。保護できる状況ならば保護してくださるとうれしいです。

きみこさん、去勢するだけでずいぶん楽になるはずですから。ケンカが減るので病気にもかかりにくいでしょうし。なにより不幸な子が、次々産まれない!
全てをひとりでこなすのは無理があります。出来ることからやるしかないです。がんばりましょうー!
Posted by:杏  at 2006年01月04日(水) 16:18
地域猫の問題は、色々とありますよね~・・・。
うちの近所も、昨年からそれで揉めてます。
 
近所の方々、餌をやる人、区の係りとの3者の間に入って
私は結構大変です!
それもあって、最近はとっても忙しいのですが・・・。
 
後、メールをありがとう!
 
私はメールを出すと長くなりがちなので、こちらに返事を・・・(^^;)
 
うちは、ご飯は完全手作りなんですよ。
災害などの非常食としてドライフードは常備してますが
普通にあげる時は、全手作りです。
 
因みに、非常食のフードは、うちもソリットの
プレミアムフントフラッケンです。(^^)
 
買い物に困るのは、ペットシーツかなぁ~・・・。
嵩張るしね!(><)

Posted by:manntenn  at 2006年01月05日(木) 10:04
 今朝、手術待機中のノラちゃんのごはんやりに離れへいったら、ケージに敷いたシーツが血だらけでした。左足に怪我をしているみたいだ、ということで、あわてて保護した子でしたが、年末で獣医さんはお休みでしたし、出血もしていなかったので、のんびりしていました。が、これはまずい、ということで、さっそく獣医さんへ行きました。
 獣医さんから「猛獣」と言われたように、麻酔なしでは、診察もなにもできない状態でしたので、麻酔をしてもらい、ついでに手術も、ということで、避妊手術をしてもらいました。
 女の子だろうと思ったとおり、女の子でしたし、白血病もエイズもマイナス、耳ダニ、寄生虫もいませんでした。気休めだとは思いましたが、予防接種もしました。
 ただ、左足の怪我は思ったより古い傷で、しかも、皮膚がむけてしまっている状態なので、なおるまで時間がかかりそうです。
 退院後も、しばらく世話をすることになるのではないでしょうか。せめて、厳寒の中、うちの離れで過ごして、傷をなおしてから放してやりたい、と思っています。
 人馴れしていないノラちゃんにかかわったのは、これが初めての体験で、とても、大変でした。地域猫にしなくてはならないのは、少しつらいです。
Posted by:きみこ  at 2006年01月05日(木) 20:29
!!
きみこさん、せめて病気でなくてよかったです!!
ひと気のない場所でも一応室内であれば、安心ですね。今日からまた寒いですから。
怪我がはやくよくなりますように・・・

manntennさん、お忙しい仲すみません。
私のメールは読み捨てで結構ですので、お気になさらずに。
ソリッドゴールド仲間だったんですねー!うれしいです。
手作りごはんだなんて、うらやましいわ。ムックになりたい・・・。 猫砂も嵩張ります。しかも重い!チャリンコふらふらです。
地域猫問題は複雑ですね・・・。まず、捨て猫がなくならないと、永遠に終わりませんね。
Posted by:杏  at 2006年01月05日(木) 22:55
避妊手術したノラちゃんの足の怪我は、やはり、けっこうひどくて、「当分、5日置きに通院してください」ということです。まぁ、ものは考えようで、2回目の予防接種もできるし、もしかしたら、少しは慣れて、ごはんを食べてから、うちのねこさん小屋にお泊りくらいしてくれるようになるかもしれない・・・と思ったり。
ともかく、足がなおらないと、(腐ってしまったら、もうノラとして生きていけないので)、がんばって世話してあげようと思っています。でも、すごく狂暴なんです。恐いんです・・・(ため息)。
Posted by:きみこ  at 2006年01月08日(日) 22:21
きみこさん、続報ありがとう。
ひどい怪我・・・。心配です。せめて、しっかり食べて怪我を治す力をつけさせるくらいしか、できないのが辛いですね・・・。うちの子たちが食べているソリッドゴールドは、ケガの治りも早くて毛がつやつやになります、おすすめです。
狂暴なのは、それだけひどい目にあってきたってことでしょうね・・・。
Posted by:杏  at 2006年01月09日(月) 02:21
2006/02/06(Mon) 23:26 | URL  | コメント過去分 #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list