Molto lieto di conoscerti. 犬、ねこ大好き。気ままに更新中。
繁殖しません 
2006/01/15/ (日) | edit |
hansyokusimasen

何故だか何年か前から保健所やセンターで殺処分される犬たち、純血種が増えています。
ハスキーが流行れば、ハスキーが大量に、レトリバー、コーギー、ダックス、チワワ、柴、・・・。
流行っている犬だけでなく、あまり街で見かけない珍しい種類の犬もいます。流行が始まる前に流行を見越して繁殖させているのでしょうか。
家庭に向かない犬種を、めずらしもの好きの人を狙って繁殖させているのでしょうか。
繁殖犬、大量に純血種の犬を生産させる(授かるのではなく)ため、産まれた時からケージに閉じ込められたまま、ただ繁殖だけさせられて、一生を送ります。糞尿にまみれた犬舎や、人なれしていない繁殖犬・・・。

うちの子のブリーダーさんは良い人です、本当にそうですか?その人を子供の頃からよく知っていますか?
なぜ、犬にアレルギーが多発しているのでしょう?
なぜ、遺伝する犬種特有の病気が多いのでしょう?
なぜ、純血種なのにスタンダードと外見が微妙に違うのでしょう?
なぜ、足の弱い子が多いのでしょう?

素人が繁殖するからです。勉強不足のブリーダーが多いからです。血統書だけを重視するからです。効率よく大量に繁殖させる為に運動させないからです。

ショップで安く売られている犬、まともにブリードしていれば、そんな値段で売ることは出来ません。
繁殖工場で大量生産しているからこそできるのです。
生体販売をやめるショップ、美容院やホテルに切り替える店があります。仕入元の問題を知っているからです。
私は生体の販売をするショップや、生体販売しているショップが入っているホームセンター、スーパー、デパートでは買い物しません。何も買いません。
にほんブログ村 ペットブログへポチっと、ありがとう
Comment
Comment list
おっと!!流石にコメが少ないですね・・・(^^;)
それともまだ、みんな読んで無いのかな?
 
繁殖に関しては、処分ゼロの時代が来るまでは
絶対にして欲しくないですよね。
 
繁殖に使われる命、生まれて買い手が付かなくて
殺されるだけの命、疾患を持った子、
買う人の影で死にゆく命・・・
根本から解決しなければね!
 
頑張りましょうね!!
Posted by:manntenn  at 2006年01月15日(日) 22:54

はい!
自分がよければそれでいい、とは思えないので、がんばります。・・・って、みんなが買わなきゃ済む話なんですけどね。
Posted by:杏  at 2006年01月16日(月) 01:24

TBありがとうございます!(^^)
こちらもさせて頂きました。
 
それと、コメの返事の
「みんなが買わなきゃ済む話なんですけどね。」
↑が一番重要なんだけど、一番やめさせるのが難しい事。
例の一件でわかるでしょ?
正当化に努めますからね。
相手するのも大変ですよ。
Posted by:manntenn  at 2006年01月16日(月) 03:14

年々病気の子が増えている気がします。
それはなぜ?と皆さんにも考えて欲しいですね。
センターに持ち込まれた繁殖引退犬達のお話を聞くと、
やるせません。

どうしてもその種にこだわるのなら、
その前に知らなければいけないこと、
いっぱいあるのですよね。
ブリードを簡単に考えているうちの子繁殖も、
業者も同じですね。
流行ってしまった犬達の多くが病気がちで
そのスタンダードから(犬種らしさ)遠く離れてしまう、
そこまでして増やすのも、欲しい人が沢山いるからだということを。
Posted by:らんご  at 2006年01月18日(水) 17:11

manntennさん、らんごさん、単純だけど難しいことですね。
うちの子が大丈夫だったから、皆がやってるから、私はちゃんと責任もって面倒みるから、じゃなくて、現実を見て欲しいです。
1匹幸せになる陰に、どれだけ苦しみ死んでゆく子がいるのか。少しエゴを捨てるだけで、助かる命があることを、一人でも多くの人に知って欲しいです。
まず、自分の身近なところから・・・。
Posted by:杏  at 2006年01月18日(水) 18:29

杏さん、こんばんわ。
繁殖の問題は殺処分の現状を実感していない人には「自分とは関係ない」と軽く考えるのでしょうね。
私は純血種のブリードの世界には全く疎いのですが、犬の迷子の問題から色々と追及してぶつかった問題でした。
繁殖になぜ「正しい知識」が必要なのか最初はピンときませんでした。理解されるまでに時間のかかる問題でしょうね…。

今日の記事をTBさせていただきました。
そして、先月に関連記事を書いていたので、そちらもTBさせてもらいました。
Posted by:あこち  at 2006年01月19日(木) 19:51

あこちさん、ありがとうございます。
センターで犬ねこが殺されていることを知らない人もいたりして、驚くことがあります。お散歩中に「子供を産ませてもうけよう」と言われた事もあり、避妊で病院へ行ってる途中にも「産ませればもうかるのに、もったいない」とも・・・。
たまたま変な人に当たったと思いたい・・・。
Posted by:杏  at 2006年01月19日(木) 20:10
2006/02/07(Tue) 15:27 | URL  | コメント過去分 #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list