Molto lieto di conoscerti. 犬、ねこ大好き。気ままに更新中。
食欲・・・。
2006/01/18/ (水) | edit |
060118

うちの中で誰よりもまんまるく太っているNちゃん。
それもそのはず、ものすごい食欲・・・。ご飯の誘惑には勝てず、怖くてもご飯の気配を察知して出てきます。
ご飯の時は、こんなに近寄っても大丈夫。
Pさんなんか、のんびり食べるものだから横取りされてます。普段もその調子でずうずうしくなじんで欲しいものです。今朝は、ちょっと余所見をしていたら、私のお茶碗に顔を突っ込んでご飯をムシャムシャ・・・。ハッとわれに返ってダッシュで逃げてゆきました。どれだけ食べれば気が済むの・・・!
にほんブログ村 猫ブログへポチっと、ありがとう♪
Comment
Comment list
Nちゃん、よほどいつも、お腹をすかせていたんですね。
うちにいる「ぶち」は、うちの庭で行き倒れてました。死んでいる、と思ったのでご供養しようと手をさしのべたら、生きてました(実話)。猫は必要な分しか食べない、と言われますが、その子は、お腹をこわすまで食べます。食い意地も異常なほど、はっています。
小さな頃の過酷な体験、というのは、消えないみたいです。
Posted by:きみこ  at 2006年01月18日(水) 21:42

外の暮らしが長いほど、食べ物に執着するようになるみたいですね。犬やねこはもともと野生なんだから、捨てても大丈夫と思ってる人がいますけど、何千年も前に野生だったからって無茶な話、それをいうなら人間も元野生・・・。
簡単に捨てないでほしいです。
ぶちちゃん、お腹気をつけてね!うちのBも油断すると吐くまで食べる子です・・・。
Posted by:杏  at 2006年01月18日(水) 23:21

杏さん、こんばんは。
外で暮している猫さんたちは、日々、食べることで必死ですよね。こちらの野良さんたちも隣庭の人や私が餌をあげているにもかかわらず、鳥や虫を捕まえてきたりしています。そして、それを自分自身が食べるのではなく、仲間たちに差し出しているのです。
いろいろと発見するしだいです。
Posted by:noraneko  at 2006年01月19日(木) 23:07

noranekoさん、キズは大丈夫ですか?
爪きりチャレンジしてくださいね!大きくなってからでは難しいですから。
生きること=食べること、ですね。仲間同士、助け合っているのですね。見習いたいですね・・・。
Posted by:杏  at 2006年01月19日(木) 23:14

食事の時は、全員、自分のケージの中で食べさせています。
「ぶち」は、自分の分をあっと言う間に食べ、他の子のを取りに行きますし、「吉」(「ぶち」が迷いネコになって、探しているときに出会った、「ぶち」によく似た柄の子)も、飢えへの恐怖が余程激しかったのか、自分のを食べるより、まず、他の子のえさを横取りしに行くのです。とうてい、こんなふうに全員そろってなんて、食事させられません。おっとりとした子の食器に顔をつっこんで食べてしまうのですから。
なんか、羨ましい光景です。
Posted by:きみこ  at 2006年01月20日(金) 21:08

Nちゃんはまだ無理ですけど、他の子は躾てあるんですよ、待てを。じゃなきゃ修羅場です・・・。
Posted by:杏  at 2006年01月20日(金) 21:20
2006/02/07(Tue) 21:32 | URL  | コメント過去分 #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list