Molto lieto di conoscerti. 犬、ねこ大好き。気ままに更新中。
動物愛護監視員
2006/01/22/ (日) | edit |
21日の記事につづいて、いつもパブコメに提出している私の意見をまとめてみます。
保健所、愛護センターについて
1、マイクロチップ
先ず、マイクロチップ装着の義務づけと徹底。保健所、センター、警察などへのリーダーの設置の徹底。これらが徹底されれば、迷子が家に帰れます。安易に捨て犬をする人も減少します。
2、施設の改善
地域によってまるで違う収容された動物の待遇を改善する。医療ケアはもちろんのこと、施設内で凍死、衰弱死するもののないように。
3、公示
収容動物のデータベース化を進め、ネットで公開。長距離移動していることもある迷子を一つ一つ施設を探し歩かなくとも捜索可能にする。
4、譲渡と引き出し
ネットで広く公開することにより、譲渡数を増やす。保護団体による引き出しの規制を緩和、飼い主が持ち込んだ動物は即日引き出しが出来るようにする。
5、アニマルポリス
これらのことを監視し、虐待の防止や市民のモラルの向上を図る動物愛護監視員を増やす。
6、施設の収容期間の延長
これらのことが改善されている地域から、順次、段階的に収容期間の延長をし、処分される動物の数を減らす。
7、安楽死
現在なされている、窒息による殺処分を麻酔を使った安楽死にかえ、生きたまま焼却処分など無い様にする。
前にも書きましたが、私の理想はバタシーです。センターがそうなって欲しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へポチっと、ありがとう
26日〆切の香川県の動物愛護管理条例の一部を改正する条例案についてのパブリック・コメント、私の意見です。
2、条例案の概要
(2)飼い主の責務
飼養する動物には必ずマイクロチップを装着し、万一逸走しても即座に飼い主が判明するようにすること。やむを得ない場合を除き、マイクロチップを装着しない場合、罰金を科す。
(3)動物の飼い主の遵守事項
離乳前の動物の譲渡制限について、社会化期に親兄弟と離すことにより、飼い主や他の動物との関係がうまく築けず、手放す結果となることが多いことに鑑み、生後三ヶ月前の譲渡は禁止すること。
飼養する動物に去勢、避妊を施すこと。
(4)動物の収容及び公表等
逸走または持ち込みなどにより収容された動物は、速やかに飼い主のもとに帰れるよう、また、譲渡されるように、収容された動物をデータベース化し、ネットでひろく公示する。また、環境省が計画している収容動物検索サイトなどとリンクし、管轄を超えて逸走した動物なども容易に探し出せるようにする。
また、動物の保護団体などによる引き出しを容易にし、飼い主に持ち込まれた動物などは、即日引き出しも可能にし、譲渡数を増やすように務める。
飼い主が判明せず、譲渡もかなわず処分される動物は、麻酔による安楽死による処分とする。

これらの他に、県の責務として、
保健所、愛護センター、警察などには、マイクロチップリーダーを完備すること。
収容施設には、医療ケアができるように、医療施設などを調え、収容された動物が凍死や衰弱死などしないよう務めること。
災害発生時には、避難所などに動物とともに避難できる場所を確保すること。
飼い主の不明な猫については、去勢、避妊を施し地域猫として繁殖をコントロールし、住民の意識を高め、捨て猫を減らすよう務めること。
以上のことを付け加える
Comment
Comment list
チップの義務化、徹底して欲しいですね。
それを公共広告機構のCMで流す!
(ホワイトバンドみたいに宣伝する)
法の目をかいくぐってチップをしない飼い主さんに対して
どうしたらいいか、という案がいまひとつ
見えてきません。

動物病院で診察前にチップが入ってるかどうか
必ずチェックをして、
入れてる犬だけ診察するように。
そうしたら余程な確信的な悪い飼い主以外は
取り締まれると思うのですが。。
Posted by:らんご  at 2006年01月25日(水) 11:10

杏さん、らんごさん、こんにちは。

私もらんごさんと同様に、動物病院で診察前にチップを確認する事を考えていました。これって例えば、診察条件として、飼犬は「畜犬登録していること」「鑑札提出」などを義務付ける所から始めて、将来的にチップ義務付けにこぎつけたら(笑)鑑札ではなくチップの方が読み取るだけで作業性もいい、と流れてくれないかなぁと思うのですが…。
このチップ(登録)のチェックを獣医師が怠った場合にペナルティを科す必要もありますよね。

チップについてはかかりつけの獣医さんの考えを少し聞く事ができたのですが、狂犬病予防法の畜犬登録で義務付けられれば、リーダーも導入せざるを得なくなるし、一番早い普及方法だと思うと仰ってました。
(これもまた、色々な意見があるとは思いますが)
法律の改正が大きな鍵を握っていますね。
Posted by:あこち  at 2006年01月25日(水) 12:49

チップが徹底されれば安易な愛犬家、の
放棄は減らせますが、確信的な飼い主の取り締まりに
ついて考えると、う~むとなりますね。
規格が乱立されないように、国で徹底して欲しいですね。
Posted by:らんご  at 2006年01月25日(水) 13:32

らんごさん、あこちさん、こんにちは。
私は検疫制度でチップが義務づけられているのとごっちゃになって、最近まで犬にはチップ装着の義務があると勘違いしてました。。。新しく飼う場合、買う人がほとんどの現状からみて、チップを入れてないと売れないとか・・・して欲しい。
Posted by:杏  at 2006年01月25日(水) 16:32

杏さん、一つ教えてもらえますか?
譲渡と引き出しの所で、「保護団体の引き出しの規制を緩和」とありますが、具体的にはどんな規制があるのか、もし知っていたら教えてください<(_ _)>
個人的には、保健所・センター・獣医師・ボランティアの協力体勢は強く希望しますが、命を託す場合は相手が例えボランティアであっても慎重であってほしいと思っています。

マイクロチップは規格の統一も重要な課題ですね。
動物病院での診察で、マイクロチップ装着を条件とした場合、繁殖犬も出産などで診察するでしょうから、チップをつける事でリタイヤ犬の放棄を食い止められるのではないか…と期待しています。繁殖の規制と結びつける事ができたらいいのだけど…まだまだ考え中です(^^;
Posted by:あこち  at 2006年01月25日(水) 22:30

センターによりさまざまだと思いますが、一人一回しか引き出せないところもあり、動物愛護推進員という立場でも、先に里親を見つけなければダメな場合があります。詐欺や虐待防止にはもちろん慎重にあるべきだと思います。
リタイアで放棄される繁殖犬は、出産で病院には連れて行ってもらえないと思います。。。
Posted by:杏  at 2006年01月25日(水) 22:42

杏さん、ありがとうございます^^
その様な規制を設けているセンターもあるのですね。
とても参考になりました。
譲渡システムも全国レベルで統一されると理想的ですね。

うーん、やっぱり難しそうですね(^^;
私の友達の仔が元繁殖犬で帝王切開で病院でお産していたと聞いたので、どうかなぁと思ったのですが、その繁殖屋はリタイヤした仔達を手放すのではなく、暗い部屋に閉じ込めていたのであまり関係ないですね。汗
チップの利点をもっと活用できる方法がないかしら。

色々と考えて行くと「アニマルポリス」が法律を生かす為にも、絶対的に必要な存在だと言う所にいつも行き着きます。
Posted by:あこち  at 2006年01月25日(水) 23:47

初めまして。他の方のブログでお名前をよく拝見してました。香川県のパブコメを出すのに杏さんの意見を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。
Posted by:hiroyone  at 2006年01月26日(木) 01:10

hiroyoneさん、はじめまして。(++;)お役にたちました?いつも何かが抜けてるんですが・・・。
実験動物もがんばりましょうね!

あこちさん、結局、法を改正しても守られているか監視する必要が・・・先ずアニマルポリスが必要です!
Posted by:杏  at 2006年01月26日(木) 01:47
2006/02/08(Wed) 01:25 | URL  | コメント過去分 #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list