Molto lieto di conoscerti. 犬、ねこ大好き。気ままに更新中。
狂犬病予防法とマイクロチップ 
2006/01/29/ (日) | edit |
動物に関する法律で、
環境省は動物愛護法、これは動物を護る法律でしょうか。
厚生労働省は狂犬病予防法、これは、動物を管理し、伝染病の発生を防ぐための法律でしょうか。
動物愛護法ではマイクロチップが推奨されていますが、狂犬病予防法では鑑札です。管理することが目的なので、ワクチンをしているか否か、それがわかればよいのでしょう。
狂犬病予防法では、犬は、管理者が繋いで飼われていなければ、処分できることになっています。野良犬の存在は許されていません。ですから、収容施設によっては、処分するための施設といったところも存在します。
狂犬病予防法の中で、マイクロチップが義務化されれば、家に帰れる迷子の犬が増えるのではないでしょうか?
大切な家族である犬や猫などを、命だとは思わず、自分の都合に合わせて買う(飼うではなく)モノとして扱う人は、合わなくなれば保健所に持ち込んだり、チップやタトゥーの部分を切り取って捨てたりするでしょう。でも、少なくとも迷子になった子は、チップさえあれば、公示期間内に、飼い主が収容されている施設(今は各施設ごとに問い合わせに行かなければなりません)に探しにいけなくて処分されるということは減るでしょう。
そして収容された動物の情報がデータベース化されれば、複数の施設の情報を検索でき、すばやく迷子を捜すことが出来るようになるのではないでしょうか。
ANICE 動物と共に避難する
ブログランキング・にほんブログ村へポチっと、ありがとう
Comment
Comment list
IDの義務化は徹底されることを願います。。
(法の目を掻い潜って確信犯を防ぐ対策も必要ですが)
施設の改善も勿論。ただIDの義務化がされないまま展示販売で審査がなく簡単に買える環境が続いていくなら怖いですね。”安易に買わない捨てない”の対策と並行しなければ、綺麗になったセンターに、罪悪感なく捨てる人が増えるのではと、危惧してしまうのです。。
Posted by:らんご  at 2006年01月29日(日) 23:49

IDの義務化、店頭で展示販売の禁止、これをしないと、あまり変わらないと私も思います。11月にあった動物取扱業のパブコメで、せめて動物の販売に規制がかかるようにと無い知恵しぼってがんばったのに、あの結果・・・とにかく命なのにモノのように売買して、モノとして捨て、処分する。。。これに歯止めがかかるには?私たちに出来ることはなんでしょうか?
Posted by:杏  at 2006年01月30日(月) 00:40

自分で出来る小さなこと、、増やさない買わないくらいしか思いつきませんねT_T
要望する前に、自分で出来ることは自分でしてから
と気がつきました。チップも。そうでした。
Posted by:らんご  at 2006年01月30日(月) 15:42

らんごさん、
生体展示販売している場所では何も買いません
今すぐ誰でも出来る事は、これでしょうか?
もちろん飼っている犬猫には去勢、避妊です。
Posted by:杏  at 2006年01月30日(月) 15:50

こんばんは。なんきちです。
先日は一方的なコメントにも関わらず、レスをくださって 有り難うございました。

杏さんの「生体展示販売している場所では何も買いません」に目からウロコです!(@△@)

そういえばそうですよね!
私の住んでいる地域では、していない店を探すのは大変そうですが実践してみようと思います
ヒント、ありがとうございます!!
Posted by:なんきち。  at 2006年01月31日(火) 18:55

なんきち。さん、ショップ探索がんばってください。小さいお店とか、思ってるよりありますよー。ネットでも買えるし。
これ、人に言うと嫌われるんです、いつも。めんどくさいって・・・。(T・T)
Posted by:杏  at 2006年01月31日(火) 20:49

うふふ、確かに「めんどくさい」って言ってしまえば それまでですが、プチ探検のつもりで(知らないお店や道が見つかるかも!)探してみますね
ありがとうございました!
Posted by:なんきち。  at 2006年02月01日(水) 20:50

プチ探検!素晴らしいー!
みんなで探しましょうν ↓私が注文するお店
http://www.rakuten.co.jp/club-genki/
Posted by:杏  at 2006年02月01日(水) 21:04
2006/02/08(Wed) 16:45 | URL  | コメント過去分 #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list