Molto lieto di conoscerti. 犬、ねこ大好き。気ままに更新中。
その犬の本質
2006/01/31/ (火) | edit |
昔、うちにビーグルがいました。
しかも、2匹いました。1匹は捨てられた子でした。うちにビーグルがいたので、問い合わせがあり、飼い主が不明だったのでそのまま引き取りました。
ビーグルは犬の本には、”活発ですが、女性や老人でも散歩でき、家庭むき。”と書かれていましが、うちの子は、散歩は重労働、朝から晩まで走り回り、大声で吠えまくっていました。犬の本には子供でも扱えるとか書いてあり、躾の失敗だと思い、躾の本をたくさん読みました。
ドイツの方が書かれた本を読んで初めて、ビーグルが猟犬だと知りました。
その本には、ビーグルはサザン・ハウンドの縮小した兎狩犬。卓越した嗅覚と追い鳴きが特徴。いくらか強情で気になる臭いは追わずにはいられない。猟犬の自立心と意志の強さを多分に残す。家庭で飼うには躾の徹底が必要。多産で丈夫、実験動物として使われる。と、書かれていました。
日本の本とは正反対のことが書かれていました。
そんなこと、誰も忠告してくれませんでした。私はその猟犬を無理やり家庭犬にすべく躾しなければなりませんでした。
もちろん、一日中庭を走り回れるように大きな門を作ったり、昼間おもいっきり遊んでやりました。
少し前にCMでワイマラナーという美しい猟犬が使われていました。
その本によると、ハンターに忠実、ゲームの追跡は、淡々とそしてどこまでもいつまでも何があってもついていく。一旦とりついたら容易に振り放せない。嗅覚は抜群。鳥、獣、不審な人間に鋭く反応。あくまでも仕事と運動に生きる、都心におさまらない。・・・ビーグルの比ではなさそうです。
nuku-nuku♪にワイマに憧れ、調べ、ワイマを迎えた方の奮闘記事があります。
思った通りでなかったら捨ててしまう人もいます。虐待をする人も。憧れの犬を幼齢で買うことは、こんなにも大変な賭けなのです。命を賭けで買ってもいいのでしょうか。
ブログランキング・にほんブログ村へポチっと、ありがとう
Comment
Comment list
日本の本や犬舎情報によると、この犬は家庭犬には向かないなどという記述はほとんどありませんね。ヨーロッパですらあまり家庭犬としてみかけないような犬達がわんさかいる国と思います。もっと犬種というものを重く捉えて欲しいです。売れるのを見越して輸入し、生産していますね。ワイマラナーまた雑誌や色んなところで見かけます。誰もがnukuさんのようにはなれないと思います。
Posted by:らんご  at 2006年01月31日(火) 11:54

こんにちは。この記事にTBしようとしたのですが、なぜかできませんでした^_^;。
前に同僚に頼まれて妹にビーグルの子犬を依頼したことがあります。妹は普通の家庭で飼うのには難しい犬種だとさんざん説明したようですが、どうしてもビーグルをと言われ、戸建で奥さんがしっかりされてたので自分がフォローすれば大丈夫かと判断して、ブリーダーをまわって見つけてきました。1年ぐらいして本人からやっぱり大変だとこぼされたときは苦笑しましたが、お金さえ出せば動物を買えるという状況はやっぱり危険ですね。
Posted by:hiroyone  at 2006年01月31日(火) 14:36

らんごさん、hiroyoneさん、こんにちは。
犬は飼い主に従うものだという思い込みがあるのでしょうか。純血種は、それぞれの用途に特化された犬で、お姫様の抱っこ用の犬種以外はペットに向かないですね。
TBすみません(><)もう一度お願いします。繋がりにくい時があるみたいです・・・。お手数お掛けします。
Posted by:杏  at 2006年01月31日(火) 14:45

杏さん、はじめまして。
nukuです。
メール、ありがとうございました。
そして記事を紹介していただいてありがとうございます。
一人でも多くの方が、容姿の憧れだけで犬を迎えることのないよう願うばかりです。

TBの件ですが、友人の格闘家を応援しており、その関係で喜ばしくないTBが多い為、TBできなくしてあります。
「憧れ」の記事の最後に、紹介していただいた皆様をリンクさせていただきました。

ありがとうございました。
Posted by:nuku  at 2006年01月31日(火) 18:25

nukuさん、ようこそ!こちらこそ、ありがとうございます。
飼い主もその犬自身も、共にさいごまで幸せでいられたらと思います。
TBスパム大変ですね、めげずにがんばって!
今後ともよろしくお願いします。
Posted by:杏  at 2006年01月31日(火) 20:43
2006/02/08(Wed) 17:01 | URL  | コメント過去分 #-[ edit]
うううう
TBできたと思ったんですが、表示されませんね(泣)。↓のURLだとエラーを起こすのでhttp://annesdiary.blog50.fc2.com/blog-entry-57.html#trackback-top
でやってみました。ひょっとしてライブドアがだめなのかも・・・。だめもとで明日またやってみますね!
2006/02/09(Thu) 01:50 | URL  | hiroyone #-[ edit]
hiroyoneさん、ありがとうございました。そして、すみません!すぐには表示されないように設定しましたので・・・。ご迷惑おかけしました、ごめんなさい(><)
2006/02/09(Thu) 10:17 | URL  | 杏 #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
イギリスでは犬や猫を飼いたい人には飼い主としての資格があるかどうかについて厳しい審査があるらしい。もし自分がその審査を受けたらどんな結果がでるだろうか。審査の内容はその動機、家族構成、居住環境、経済的余裕、誰が散歩や世話をするのか、転居の際も買い続けられ
2006/02/09(Thu) 01:45:06 |  よねと海と虹