Molto lieto di conoscerti. 犬、ねこ大好き。気ままに更新中。
実験のパブコメ 
2006/02/01/ (水) | edit |
①2月3日金曜日18:00〆切 環境省
実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準(素案)に関する意見の募集(パブリックコメント)


②2月28日火曜日18:00〆切 文部科学省
「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針(案)」に関する意見募集
動物新聞
動物のお医者さんが見てきたこと
日本動物実験代替法学会
ALIVE
AVA-net
JAVA
実験動物の福祉を考える
<実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準(素案)>私の意見です。
<該当個所>
第一 一般原則  1基本的な考え方
動物を科学上の利用に供することは、生命科学の進展、医療技術等の開発等のために必要不可欠なものである
<修正文(意見)>
"必要不可欠"を削除すべき
<理由>
人間と必ずしも同じ反応が出るわけではない動物実験で得られたデータは、信頼性に欠ける面がり、また、欧州などでは代替法が研究され、動物実験を用いた論文を採用しないなど動物実験廃止に向けていることに鑑み、必要不可欠という、まず動物実験ありきという表現は適切ではない。

<該当個所>
第2 定義 (5)実験動物管理者  
<修正文(意見)>
以下のように修正すべき。
管理者を補佐し、実験動物の適正な飼養、管理を行うとともに、実験動物の適正な取扱いに関して実験実施者及び飼養者を監督する者をいう。
<理由>
実験動物管理者を、本基準に沿った適正な実験動物の取扱いを監督する現場責任者として明確化することが、本基準の適正な運用上必要であるため。

<該当個所>
第3 共通基準 1 動物の健康及び安全の保持
(2)施設の構造等
ア.実験等の目的の達成に支障を及ぼさない範囲で、個々の動物が、自然な姿勢で立ち上がり、横たわり、羽ばたき、泳ぐ等日常的な動作を容易に行う為の広さ及び空間を備えること。
<修正文(意見)>
ジャンプし、を加えるべき。
<理由>
上下運動を日常的に行う動物については、ジャンプする動作を妨げないようにすべき。

<該当個所>
第3 共通基準 1 動物の健康及び安全の保持
(3)教育訓練等
<修正文(意見)>
実験動物管理者、実験実施者及び飼養者には、実験動物の適切な飼養や、麻酔などの苦痛の軽減に関する教育訓練を必ず行わなければならない。と、修正すべき。
<理由>
教育訓練を義務化することは、現在、研究機関で実験動物への麻酔などのやり方を知らない研究者が存在することから、必ず必要。

<該当個所>
3危害等の防止 (1)施設の構造並びに飼養及び保管の方法
エ.実験動物管理者は、施設の日常的な管理及び保守点検並びに定期的な巡回等による飼養及び保管する実験動物の数および状態の確認が行われるようにすること。
<修正文(意見)>
実験動物の数および状態は、正確に記録に残すこと。と加えるべき。
<理由>
他に代替する手段もなく、また重要な研究を行っているのならば、正確な管理、記録は必ず必要であるから。

<該当個所>
5動物の記録管理の適正化
<修正文(意見)>
適正に行うよう務めること。を、適正に行わなければならない。と、修正すべき。
<理由>
実験動物の適正な記録、管理は必ず行わなければならないから。

<該当個所>
第4 個別基準 1 実験等を行う施設 (1)実験等の実施上の配慮
<修正文(意見)>
以下のように修正すべき。
実験実施者は、実験等の目的を達成するために必要な範囲で実験動物を適切に利用するようにすること。 また、実験は原則として全身もしくは局所麻酔下で行うこと、どうしても不可能な場合は鎮痛剤、鎮静剤等の使用により動物の苦痛を最低限に抑えること。また外科的な痛みを与える処置を行う場合には必ず麻酔を使用すること。これらについては獣医学的に認められた方法を用いること。
また保温等適切な処置を採ること。動物が耐えられない痛みを持続的に被るような実験等は、実験等の目的の如何に関わらず行わないこと。大きな障害や苦痛を伴う実験に同じ動物を2回以上使用しないこと。
<理由>
これらはEU指令をはじめ世界各国の法律及びCIOMSの動物実験に関する国際原則にも定められており、動物福祉上最も重要な事項であり、「苦痛の軽減に関する基準」の趣旨を徹底するために必ず修正すべき。

<該当個所>
第4 個別基準  1実験等を行う施設  (2)事後措置
<修正文(意見)>
以下のように修正すべき。
実験動物管理者、実験実施者および飼養者は、実験を終了、もしくは中断した実験動物のうち、回復の見込みのない障害を受けた実験動物を処分するにあたり、速やかに致死量以上の麻酔薬の投与など、実験動物に苦痛を与えない方法で行わなければならない。当該処置は、獣医師が行い、必ず動物の死を確認すること。
<理由>
頚椎脱臼による処分は安楽死とは言えず、また当該処置は獣医師に限定し、かつ動物の死を必ず確認することが動物福祉上必要であるから。
Comment
Comment list
こんばんは。この記事にもTBしたかったのですが、やっぱりできませんでした(泣)。
他のブログにはできるのにどうしてだろう・・・明日またトライしてみます(>_<)
Posted by:hiroyone  at 2006年02月02日(木) 01:47

(><)ごめんなさい!なぜでしょう?こちらからも出来ませんでした!謎。
Posted by:杏  at 2006年02月02日(木) 02:44
2006/02/08(Wed) 17:24 | URL  | コメント過去分 #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list