Molto lieto di conoscerti. 犬、ねこ大好き。気ままに更新中。
しろくろ
2009/04/01/ (水) | edit |
迷子のフーちゃん迷子のフーちゃん、おうちに早く帰れますように。
☆4/27追記 戻ったそうです(^^)

Nちゃん
Nちゃん: 私おしゃまなおしゃれキャットNちゃんよ。
自慢の白い毛が美しいでしょ?
モテモテでちょっと疲れちゃった。
あっ、私のこと「スノーホワイト」って呼んでもいいわよ(*^^*)

Nちゃん
杏: 今、ニキビができてるんだよねー

Nちゃん: 秘密なのにーひどいわー

沖縄より署名のお願い 第一回〆切4/15(水)

☆ご注意ください
足立区で猫の虐殺が多発しています。続いています。 ★区長へメールをお願いします

毛皮反対バトン
にほんブログ村 猫ブログへ fc2ranking ポチっと応援♪ありがとうv
命の重さ説き犬の殺処分激減、熊本市動物愛護センター'09.3.29 読売新聞
飼い主の都合などで捨てられた犬の殺処分数が、熊本市では10年前の10分の1に減っている。市動物愛護センター(熊本市小山)に持ち込まれても簡単には引き取らず、時に職員が声を荒らげてでも飼い主に命の大切さを説き、思い直してもらうという異色の対応の成果だ。

 04年にセンターに配属された久木田憲司所長(獣医師)が、動物愛護管理法で「所有者は終生飼育に努め、自治体は飼い主に必要な助言を行うこと」とされていることに着目したのが取り組みのきっかけ。市はそれまでも、動物を安易に遺棄しないよう啓発活動を行っていたが、ほとんど効果がなかった。そこで、法律を根拠に、「安易にセンターで引き取らない」という異例の方針を打ち出した。職員には、飼い主に大きな声を出してでも、すぐには引き取らないような対応を求めた。

 センター愛護係長の小山信さんがある時応対した親子連れは、「年を取り、番犬の役に立たないから」と老犬を連れてきた。小山さんは「命を何だと考えているのか」とどなりつけた。そのうえで、「あなたがやっていることは、命のあるものでも年を取ったら捨てていいと子供に教えているのと同じだ。それでもいいのか」と詰め寄り、犬を連れて帰らせたという。

 こうした対応を不愉快に感じる市民もおり、「やりすぎだ」「捨て犬が増える」との苦情が市の窓口に寄せられることもあった。しかし、久木田所長は「命について話をしているだけで問題ない」と気に掛けなかった。

 取り組みの結果、持ち込みが激減し、97年度に946匹だった殺処分数は、07年度には78匹にまで減った。「安易に動物の命を考えないでほしかった。成果は出ている」と久木田所長は胸を張る。

 やむを得ず引き取った犬の譲渡方法にも徹底してこだわっている。市は、市獣医師会、愛護団体などでつくる協議会と協力して月に1回のペースで譲渡会を開催。譲渡を受けようという人には、捨てられた犬がガス室で処分されるビデオを見せ、飼い主としての適否を判断するために面接を義務づけている。譲渡後の去勢、不妊を約束させ、一生育てるとの誓約書も出させる。「動物の幸せを考えると、簡単には譲り渡せない」と小山さんは力を込める。

 福岡県が動物の引き取りに手数料を設定するなど、各地の自治体が持ち込みに歯止めをかけようと工夫している中で、この「熊本方式」は注目を集め、自治体による視察や職員の派遣が行われるようになった。08年度から1年間、山口県下関市から派遣されていた獣医師の斉藤由香さん(27)は「職員の動物を救おうという意識が高い。貴重な経験を積むことができた」と話している。



猫のレンタルに批判 「虐待だ!」「モノ扱いするな」 J-CASTニュース'09.3.31
神奈川県のブリーダーが猫のレンタルを始める、と告知したところ、「猫の虐待だ!」と多数の非難が寄せられた


猫を道具にしないで(TT)
Comment
Comment list
熊本のセンター素晴らしいです!
杏さん初めまして!熊本のセンター局長さん素晴らしいです!そういう自治体があるのを初めて知り涙が出ました。一人一人が気付けば、ちょっとずつ、ちょっとずつ、良い方へ進んでいけますよね。私も自分に出来る事を地味に続けます!
2009/04/01(Wed) 14:32 | URL  | こうちゃん #qVaKh9fg[ edit]
Re: 熊本のセンター素晴らしいです!
☆もんちゃんさま、はじめまして
(http://annesdiary.blog50.fc2.com/blog-entry-769.html#more こちらのニュースに具体的な数値が載ってます。)
熊本市や岐阜市のような殺処分を減らすために必死で取り組んでいるところは少ないですが、確実に成果が出ていますね。
こういう取り組みをする自治体が増えますように。
犬や猫や動物たちを、利用するモノではなく、命と心のある自分と同じ生きものであることに気づく人が増えますように。
2009/04/01(Wed) 18:37 | URL  | 杏 #0eITWfcI[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list